日本野鳥の会鹿児島の調査活動について

 日本野鳥の会鹿児島では、鹿児島県内の野鳥の生息状況や渡り鳥の飛来状況などについて、調査活動を年間を通じで行っております。

 特に渡り鳥については、毎年同時期・同場所で飛来数調査を実施することにより、鳥種類の変化や個体数の増減を知ることのできる大きな指標になっております。また、東アジア地域の繁殖地・越冬地における環境の変化も含めた野鳥の生体調査にも大きな意味を持つ調査と考えております。

 今年度も次のような調査計画を予定しておりますので、多くの方々に調査への参加・協力をお願いいたします。

 

調査活動計画は、ここをクリックしてください。

全国鳥類繁殖分布調査について

 環境省による「全国鳥類繁殖分布調査」の3回目を実施します。1回目が1970年代、2回目が1990年代に行われ、全国的な鳥類の分布・繁殖状況の調査となり、その結果をもとに鳥類の分布比較がなされ、生息環境の変化や気候変動による影響などが明らかになってきます。

 日本の生物多様性評価やレッドリストに資料となる、大きな意味をもつ調査です。

 調査は2016年度から開始されます。調査地だけでも約2,300箇所もある大規模な調査です、また5年間の長い期間の調査になりますので、無理のないお住い近くなどを担当ルートしていただき、調査へのご協力をお願いいたします。

調査協力/共同実施団体に日本野鳥の会鹿児島も登録されております。

 

全国鳥類繁殖分布調査は、ここをクリックしてください。 http://bird-atlas.jp

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system